選手

大怪我からの奇跡の復活!西野雄貴選手を復帰へ奮い立たせたものとは?

スポンサーリンク

ボートレーサーは
死と隣り合わせの職業です。

最高速度は時速80㎞まで到達し
体感速度は120㎞とまで言われています。

近年は選手の安全が
最大限考慮されていますが
それでも転覆時に
打撲、むち打ち、
脳震とうを起こしたり
落水した時に
後続艇にひかれたりと
怪我はどうしても
ついてまわるものです。

怪我をして引退を余儀なくされたり
命を落としたりレーサーもいます。

今回は大怪我をし
選手生命の危機から
奇跡の復活をした
西野雄貴選手について調べたので
皆さんと情報共有していきたいと思います。

プロフィール

生年月日 1989年11月19日
身長 165㎝
体重 52Kg
支部 徳島
登録番号 4812
114期
級別 A1
同期 羽野直也、村松修二など

 

デビュー〜初優勝まで

2014年5月1日
尼崎ボート
大阪発刊50周年記念
第46回報知金杯争奪
六甲賞競走でデビューすると
(当時の鳴門は改修工事中の為
尼崎でデビュー)
同節5月5日
自身デビュー6走目にして
初勝利を飾ります。
デビュー期の勝率は
2.85とします。

2期目の勝率は
3.61まで上げ
B1昇級を果たします。

2年目となる
3期目は勝率を4.52とし
着実に力をつけていきました。

4期目は
2016年6月3日
住之江ボートレース場
第11回森下仁丹杯争奪戦で初優出。
3コースから0.13の
トップスタートを放ち
まくり差して
見事初優勝を飾ります。
4期目の勝率は4.85と
A級は目前としていました。

3年目となる
5期目には
一気に成績が飛躍します。
勝率を6.09まで伸ばし
A2級からA1級も狙える
位置まで来ました。
この年に鳴門の
フレッシュルーキーに
選出されています。

怪我の原因

とにかく順調にレベルアップをしていて
地元鳴門で開催される
G1競走にも出場が決まっていました。

順風満帆にレーサー人生を歩んできた
西野選手に事件が起こってしまいます。

2017年2月3日
多摩川で行われた
第54回スポーツニッポン賞
最終日の優勝戦まで駒を進めました。

2号艇で迎えた優勝戦
江口選手が前付けに来て
3コースからの戦いとなりました。

スタートし3コースから
まくりかまくり差しなのか
レバーを握った時に
4号艇と接触があり
それが原因で落水してしまい
後続艇に轢かれてしまいました。

奇しくもこの日は
このレースが終われば
香川支部の松尾夏海選手と
入籍届を提出する予定だったのです。

怪我の内容

病院に搬送される
途中に同期の村松修二選手から
連絡が入り西野選手は
「怪我しちゃった。
今、病院に搬送されてるけど
現状がわからん」

というLINEを送りました。

それを受け村松選手は
ヤバそうと思い
すぐ飛行機のチケットを取って
病院に向かうことを決めたそうです。

西野選手は
命に別状はなかったものの
左腕の神経を切断するという
大怪我を負ってしまいました。

医者から
左腕が60%〜70%は
一生動かないと可能性がある

言われ現実を受け止めるだけで
キツかったそうです。

ですが西野選手は
お見舞いに来る同期に対し
心配をかける事が嫌だったようで
極めて明るく振る舞っていました。

村松選手も
本当に怪我したのかな?
逆に心配し過ぎたのかな?
と思うくらいの
立ち振る舞いだったそうです。

ただ西野選手本人は
ボートレーサーとして
こんなに早く引退しないと
いけないのか?など
苦悩していました。

日にちが経ち
落ち着きだした頃に
同期の村松選手、羽野選手
松尾拓選手などに
左腕の回復が遅い事や
左腕の怪我の重さを
徐々に伝えていったそうです。

復帰へ向けて奮い立ったもの

西野雄貴の覚悟

自分がレーサーとしての
復帰もさることながら
日常生活すらままならない
可能性もあった西野選手ですが
予定通り入籍をし
両親や新妻や周りに
支えられたことにより
何としても復帰してレースしてやる
と相当な覚悟を決めて
リハビリを開始しました。

西野選手の覚悟は
それだけではなく
同期に対しても
怪我に関しては
自分の一言が重いと感じた為

グループLINEで
(どんなに気を付けても
怪我する時はするから
その覚悟を持って
レース、準備
怪我をさせないように
全能力を発揮して下さい)
と伝えたそうです。

同期の絆と覚悟

同期は西野選手が怪我した事により
かなり怪我に対して間近に感じ
怪我に対してどこか他人事だったのが
一気に自分事として再確認ができ
114期全員がボートレーサーとして
覚悟をもって向き合っていくことが
出来たそうです。

覚悟を持ったリハビリ

西野選手は取材でリハビリに
関して語っています。

「3ヶ月間は全く動きませんでした。
神経の治療は出来ることが少なく
自然治癒を待つだけで
整骨院にも通ったりしたが
何が良かったのかわからない」
と答えています。
「4ヶ月目にして少し反応が出たそうで
そこから少しずつ筋トレをしたり
徐々に動くようになっていったそうです。」

復帰戦

壮絶だったであろうリハビリを乗り越えて
遂に復帰を果たします。

左腕がほぼ動かない可能性の方が高いと
言われていたのにもかかわらず
約7ヶ月半での電撃復帰を果たします。

復帰戦は急遽決まった
鳴門で途中斡旋で
2日間となりました。

復帰1走目は2号艇で登場し
いきなり2着と快走します。

そして翌日
復帰後3走目には
同じく2号艇で登場し
2コース差しを決め
復帰後初勝利を飾りました。

最後に

今回は西野雄貴選手の怪我からの
復帰について書きました。

調べているうちに
114期の団結力や絆を知りました。

西野雄貴選手は2019年以降A1となり
2020年2月にはG1で初優出も果たしています。

今年中にSGでの活躍が見れるかもしれません。
今後の西野選手に大注目です。

おすすめ

1

5月25日からボートレース若松で SGオールスターが開催されます。 今回も若松水面攻略と現行モーター上位を ご紹介していきます。 タップできる【目次】1 水面特性1.1 潮の干満1.2 風の影響2 注 ...

2

5月1日から新期が始まります。 ということは新人レーサーが デビューを迎えます。 今期より128期がプロのレーサーとして デビューを果たします。 この中から将来のSG覇者やGP覇者が誕生するのでしょう ...

3

今回より初心者の方向けで タイトルの通り ボートレース予想が上手くなる方法を ご紹介していきたいと思います。 本当に一から説明していきます。 第一回目は現地で無料で手に入る 出走表の見るべきところにつ ...

4

ボートレースの一番の醍醐味でもある フライングスタート方式。 各選手は大時計が 0秒から1秒以内に 見えないスタートラインに 艇を通過させないといけません。 大時計が0秒を指すよりも 早くスタートライ ...

-選手
-

Copyright© 父ちゃんのボートレース , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.