選手

6コース職人!ミスターチルト3度!阿波勝哉選手をご紹介。

スポンサーリンク

ボートレーサーには

イン屋とは反対に

アウト屋という

レーサーもいます。

 

アウト屋は

6コース専門の選手で

例え一番有利な

1号艇であっても

6コースから勝負をします。

 

現役選手では

阿波勝哉選手

澤大介選手

小川晃司選手

などがいます。

今回はその6コース1本で

レースをしている

阿波勝哉選手を

紹介したいと思います。

阿波勝哉選手プロフィール

選手登録番号 3857
出身地 東京
支部 東京支部
登録期 79期
生年月日 1973年4月18日
身長 165㎝
体重 56㎏
血液型 AB型
級別 B1級

師匠は本吉正樹選手

弟子には藤原菜希選手

1998年に多摩川競艇でデビュー。

2002年蒲郡競艇で初優勝。

2005年には多摩川競艇で開催された

笹川賞競艇でSG初出場を果たしました。

 

プロペラ基準変更

ボートレースでは20124月までは

プロペラを選手個人で用意する。

持ちペラ制だったのです。

 

阿波勝哉選手のプロペラは

6コース専門という事で

出足を無視した

超伸び型仕様にしていたので

他の選手とはペラの形が

大きく異なります。

そしてエンジンのセッティングに

関しても一味違います。

各ボートレース場には

チルト角度というものがあります。

 

チルト角度は簡単に言うと

ボートに取り付ける

モーターの角度です。

 

スタート展示の時などに発表されたり

直前情報などに出てきます。

 

ちなみにチルト角度は

マイナスになれば

出足、回り足重視。

 

プラスにすればするほど

伸び型になります。

これはボートと水の接着面積が

減少するからでもあります。

 

阿波勝哉選手は

もちろんそのレース場のMAXまで

チルトを跳ねます。

 

その2つがあり

強烈な伸びを手に入れていました。

ですがそれも

2005年のプロペラ基準改正で

失われる事になりました。

当時阿波勝哉はインタビューでこう語っています。

「どうにもならなかったですね。

もう全く伸びないんですよ。

伸びだけがどうしても来ない。

もうダメなのかなって思いましたもんね。

本当に。

伸びて捲っていってという

スタイルをかえないと

いけないのかなと思いました。」

しかし2年後に試行錯誤の上

再度A1に返り咲きます。

持ちペラ制度の廃止

しかし20124月以降は

レース場での備え付けのプロペラを

使用しなければならなくなり

アウト屋を諦め

スロー進入もする選手もいる中

阿波勝哉選手はスタイルを曲げず

6コース1本で頑張り続けています。

ですが影響は大きくB1級まで成績を

落とす事になりました。

スタート事故

6コース1本で戦うとなると

質の良い早いスタートが必須となります。

スタートで遅れると

ただでさえ勝率の低い6コースからでは

勝てる見込みは

ゼロに近いのです。

 

そのためスタート勝負を仕掛ける為

フライングという代償もついて回りました。

1999年、2003年、2012年には

級別審査期間内に

フライング3本を

切ってしまった事もあります。

 

フライングの罰金罰金について

級別審査期間については

読んでない方は是非ご覧下さい。

 

最初のF3になった1999年には

半年間無収入になり

住宅ローンの支払いなどもあり

5ヶ月の間

建築現場や建設現場の

アルバイトとして各地の

工事現場で働いたそうです。

人気の高さ

阿波勝哉選手の人気の理由は

なんと言っても絞り捲りです。

 

伸びだけに

特化した舟足に仕上げ

スタート後

5艇を絞っていき

捲り切るのです。

決まればとにかく爽快です。

阿波勝哉選手以前にも

アウト屋で6コース専門の

選手もいたのですが

ここまで捲りにこだわった

選手はいてません。

 

阿波勝哉選手はアウト屋としても

とにかく捲りにこだわりがあり

伸びに関して追求していました。

そんな阿波勝哉選手は

ファンからの間でも人気で

SG笹川賞競艇(現ボートレースのオールスター)に

3度も出場しています。

 

笹川賞競艇(現ボートレースのオールスター)は

ファン投票によって

出場選手が決定されます。

 

権利があるのは

A1級の選出のみ

ファンのからの人気があって

投票がなければ出場出来ないのです。

 

2005年に初出場を果たすも

翌年2006年は選出権利のない

B1級へ下がったにもかかわらず

阿波勝哉選手の名前がないなどの

問い合わせや苦情があったほどです。

最後に

阿波勝哉選手は

2007年に6コースから

前人未踏の9連勝という

離れ業をやってのけています。

この記録は2020年4月現在も

破られていませんし

恐らくこの先も破られることはないでしょう。

 

そんな阿波勝哉選手の

活躍も期待していますし

応援したいと思います。

 

皆さんもお近くの競艇場に

阿波勝哉選手が出場している場合は

ぜひ本場での観戦をおススメします。

おすすめ

1

SGグランドチャンピオンが ボートレース児島で開催されます。 今大会を制するのは誰なのか? 水面特性、推奨モーターをご紹介。 タップできる【目次】1 水面特性2 潮汐表3 データ4 注目モーター4.1 ...

2

5月1日から新期が始まります。 ということは新人レーサーが デビューを迎えます。 今期より128期がプロのレーサーとして デビューを果たします。 この中から将来のSG覇者やGP覇者が誕生するのでしょう ...

3

今回より初心者の方向けで タイトルの通り ボートレース予想が上手くなる方法を ご紹介していきたいと思います。 本当に一から説明していきます。 第一回目は現地で無料で手に入る 出走表の見るべきところにつ ...

4

ボートレースの一番の醍醐味でもある フライングスタート方式。 各選手は大時計が 0秒から1秒以内に 見えないスタートラインに 艇を通過させないといけません。 大時計が0秒を指すよりも 早くスタートライ ...

-選手
-

Copyright© 父ちゃんのボートレース , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.