ニュース

父ちゃんのピックアップボートレースニュース。2月2週目

スポンサーリンク

2月も半ばに入り私が住んでいる大阪は
最高気温が20℃を記録したり
その翌々日には最高気温が8℃だったりと
非常に1週間で寒暖差があり
体調管理が難しいです。

現状体調を崩すと
気を病むようなことにもなりかねませんし
皆様もどうぞご自愛ください。

さて、今回は2月2週目の
ピックアップボートレースニュースです。

西村拓也が通算1000勝。

2月8日
近畿地区では1番寒いでお馴染み
ボートレース三国で開催されている
【G1 近畿地区選手権】
2日目8Rで
西村拓也(98期 大阪支部 A1級)
がイン逃げを決め通算1000勝を達成。

気温1度と極寒の中
水神祭を行いました。

祝福を受けた西村は
「寒かったけどいい思い出になりそう。
1人ではここまで来れなかった。
感謝の気持ちを忘れずに
次は2000勝を目指したい。
その中にG1.SGの優勝が
入れば良いですね。」
と震えながら答えていました。

松尾拓が嬉しい地元でG1初V

2月11日
ポイント還元をキャッシュにすると
還元率良い?でお馴染み
ボートレース津で開催されている
【G1 東海地区選手権】で
松尾拓(114期 三重支部 A1級)が
地元で嬉しいG1初優勝を飾りました。

優勝インタビューでは
「まだ実感はないです。
足は良かったし
レースにだけ集中していきました。」

「同期の羽野直也、村松修二もG1を勝ったし
続けて良かったです。」

SGクラシックへの意気込み
「前回のSGは良い成績が残せなかったので
リベンジの気持ちは強いです。
東海チャンプの名に恥じないように
頑張りたいです。」
としていた。
自分で掴んだSGクラシック。
思う存分に暴れまわってほしいです。

馬場貴也が近畿を制す

2月12日

あわら温泉が近くにあるでお馴染み
ボートレース三国で
【G1 近畿地区選手権】で
馬場貴也(93期 滋賀支部 A1級)が
優勝を飾りました。

昨年8月のびわこ周年以来の
自身2度目の制覇となりました。

表彰式では

優勝戦について
「思ってる以上に
前に進んでくれるエンジンだった。
1コーナーは自分のターンをするだけ。
冷静にしっかりターン出来たと思います。」

今後について
「丸野一樹君、守田俊介さん、
みんなで活躍してグランプリに
出られるように頑張ります。」

年始から滋賀支部は絶好調。
この勢いそのままに滋賀支部から
クラシック制覇が出るかもしれませんね。

峰竜太が圧巻V

2月13日

ボートレース発祥の地でお馴染み
ボートレース大村で
【G1 九州地区選手権】が行われ
峰竜太(95期 佐賀支部 A1級)が
優勝を飾りました。

九州地区チャンプとなるのは
意外にも2009年以来の2度目。

優勝インタビューでは

「本番(展示よりも)は進入が
緩んでくれて良かった。
自分はすごく売れているので
フライングだけは
しないようにと思っていた。

今年も良いパフォーマンスをして
昨年以上に誰も寄せ付けないようにしたい。」

今年の目標
「ボートレースをエンターテイメントに
出来るように盛り上げることです。」

自他ともに認める艇界No.1男が
今年も序盤からとばしていきそうです。

最後に

各地区のチャンプが誕生してきました。
クラシックへ繰り上がり待ちの選手は
結果が気になるところでしょう。

今年最初のSGはどんな顔ぶれになるのか?
今から非常に楽しみですね。

おすすめ

1

SGグランドチャンピオンが ボートレース児島で開催されます。 今大会を制するのは誰なのか? 水面特性、推奨モーターをご紹介。 タップできる【目次】1 水面特性2 潮汐表3 データ4 注目モーター4.1 ...

2

5月1日から新期が始まります。 ということは新人レーサーが デビューを迎えます。 今期より128期がプロのレーサーとして デビューを果たします。 この中から将来のSG覇者やGP覇者が誕生するのでしょう ...

3

今回より初心者の方向けで タイトルの通り ボートレース予想が上手くなる方法を ご紹介していきたいと思います。 本当に一から説明していきます。 第一回目は現地で無料で手に入る 出走表の見るべきところにつ ...

4

ボートレースの一番の醍醐味でもある フライングスタート方式。 各選手は大時計が 0秒から1秒以内に 見えないスタートラインに 艇を通過させないといけません。 大時計が0秒を指すよりも 早くスタートライ ...

-ニュース
-, , , ,

Copyright© 父ちゃんのボートレース , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.