ニュース

父ちゃんのピックアップボートレースニュース。1月3週目

スポンサーリンク

少し父ちゃんのピックアップニュースをサボっていました。

まだまだ外出自粛要請が出ていて
戸田では心配なニュースも入ってきましたが
選手、関係者は毎日本当に
大変な思いをされてるのだろうなと…

では少し前のニュースにはなりますが
1月3週目の父ちゃんの
ピックアップボートレースニュースです。

丸野一樹が尼崎G1今年初の記念レース制す。

1月17日

今年最初のG1レース。
ボートレース尼崎で開催された
開設68周年記念
「G1尼崎センプルカップ」は
丸野一樹(109期 滋賀支部 A1級)
がインからST04を放ち
危なげなく逃げ切り優勝。

予選トップ通過、準優もイン逃げし
優勝戦も押し切り、王道の優勝となった。

今年の目標の一つが
「予選トップ通過し残りは
逃げて優勝すること」

もう一つの目標が
「今年こそグランプリに出たい。」
としている。

幸先の良いスタートが切れた
滋賀支部の将来のエース候補
丸野一樹に大注目ですね!

馬袋義則が通算2000勝達成

1月18日

ボートレースまるがめで
馬袋義則(71期 兵庫支部 A2級)
が通算2000勝を達成。

東スポの取材に対し
「長かったですね。
リーチがかかってから意識しすぎました。
前節(児島バトルトーナメント)も
良い所がなかったですしね。

これで一つ区切りがついた。
ただ、2000勝は通過点だと思うので
イチから気持ちを切り替えて行きます。
まだへこむ年齢でもないですしね。」
と答えていました。

今後についても
「現状はA2なので
まずはA1に戻れるようにしたい。
色んなことを試してやっている。」
とA1復帰へ意欲的だった。

兵庫のベテラン選手で
一般戦では優勝候補の一角として
常に上位に名を連ねています。

まだまだこれから頑張って欲しいです。

森竜也が2000勝達成

1月21日

ボートレース住之江で
森竜也(59期 三重支部 A2級)
がイン逃げを決めて141人目の
通算2000勝を達成。

デイリースポーツの取材に対し
「長くやってると良い事があるね。
インだから勝てた。
外から絞られたらダメなので
Sは踏み込んだのが良かった。」
と答えていました。

1986年11月のデビューから
8360走目の達成。

三重支部のベテランは
まだまだ健在ぶりをアピールしていますね。

西山貴浩が江戸川G1制覇

1月22日

ボートレース江戸川で行われた
【G1 江戸川大賞】は
西山貴浩(福岡 97期 A1級)
がG1、2度目の優勝を飾りました。

進入は枠なり3対3でスロー勢が優勢。
3コースの平尾かまくり差しを狙うと
振り込んで転覆。
先マイしていた西山貴浩が逃げ切った。

日刊スポーツの取材に対し
「1マークはやられたと思ったが
日頃の行いがいいんでしょうね。
昨年はGPファイナルを経験させてもらって
今年も戻りたい。
打倒峰竜太で頑張ります。」
と答えていました。

昨年のGPからレースのキレが
格段に上がっていて
安定したレース運びに
プラスαが兼ね備わった印象。

年末までこの勢いで
突っ走って欲しいです。

最後に

G1戦線が開幕したところで
選手も正月の地元開催のお祭りムードが抜けて
戦闘モードに突入したような雰囲気です。

間もなく地区戦も始まります。
2021年も盛り上がること間違いなしです。

おすすめ

1

SGグランドチャンピオンが ボートレース児島で開催されます。 今大会を制するのは誰なのか? 水面特性、推奨モーターをご紹介。 タップできる【目次】1 水面特性2 潮汐表3 データ4 注目モーター4.1 ...

2

5月1日から新期が始まります。 ということは新人レーサーが デビューを迎えます。 今期より128期がプロのレーサーとして デビューを果たします。 この中から将来のSG覇者やGP覇者が誕生するのでしょう ...

3

今回より初心者の方向けで タイトルの通り ボートレース予想が上手くなる方法を ご紹介していきたいと思います。 本当に一から説明していきます。 第一回目は現地で無料で手に入る 出走表の見るべきところにつ ...

4

ボートレースの一番の醍醐味でもある フライングスタート方式。 各選手は大時計が 0秒から1秒以内に 見えないスタートラインに 艇を通過させないといけません。 大時計が0秒を指すよりも 早くスタートライ ...

-ニュース
-, ,

Copyright© 父ちゃんのボートレース , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.